ショップ&レストラン

SHOP & RESTAURANT

PRINT 

 

雑貨

品(しな)

タウンフロント 5F

昔ながらの和風ではなく、今の暮らしになじむ「和」の雑貨をお探しなら「品(しな)」へ。シンプルな「和」の美しさと日本の文化を取り入れたライフスタイルショップです。

業種
和雑貨
取扱商品
テーブルウェア,布小物,バッグ,服飾雑貨,ステーショナリー,インテリア,のれん,香り,炭,植物
営業時間
10:00~21:00
定休日
なし
TEL
03-6431-0755
駐車券対応
あり
ご利用できるクレジットカード
  • rakuten;
  • VISA
  • マスターカード
  • AMEX
  • DC
  • Diners Club international
  • JCB
  • UC
  • UFJ
  • SAISON CARD
  • TOP&
  • Nicos

タウンフロント 5F

フロアマップを見る

ショップニュース

2017/01/24 更新

和で季節を感じるシリーズ【バレンタイン編】

和×バレンタインのしょこらなんていかがですか??

■お麩ショコラ■


毎年迷うバレンタインチョコ!

「バレンタインになにあげよう??

某ブランドのチョコレートじゃ、ありきたりだし、、、

友達とかぶりたくないし、、」

そんな方必見!!!

和×バレンタインのしょこらなんていかがですか??

■お麩ショコラ■

丸いサクサクの焼麩にチョコレートをコーティングして一口サイズのお菓子を開発しました。
お麩ならではの軽い食感が特徴です。伝統と斬新さの折りなす、京の味をご賞味ください。

■味紹介

”クリームチーズ”
”抹茶”
”クーベルチュールショコラ”
”いちご”


スタッフおすすめは、いちご!
丸いサクサク焼麩にイチゴチョコレートをコーティング。チョコレートには本物の苺粉末が入っているので風味が豊か。甘酸っぱさが女性に人気です♪
友チョコにもいいですね!



■品(SHINA)■

暮らしに馴染む和雑貨のお店です。
ギフトラッピングや全国配送なども承っております。
和ごごろをもったお品物と私達の笑顔で
皆様のお立ち寄りを心よりお待ち致しております。

お電話でのお問い合わせ等も承っております
お気軽にどうぞ。

タウンフロント 5 階 “品( SHINA )”
電話番号: 03‐6431‐0755
営業時間:10:00~21:00

品 instagram

2017/01/12 更新

和で季節を感じるシリーズ【節分編】

今回は、この季節ぴったりの商品

「節分」にちなんだ、日常使いしやすい商品をご紹介



■鬼だるま


倒しても倒しても起き上がる鬼だるまです。鬼は「魔除けや厄除けの神様」とも言われており、家の中に厄が入ってこないよう守ってくれます。
だるまの一大産地、群馬県高崎で三代続くだるまの工房「高崎だるま 真下輝永」とコラボレートして作りました。


■おかめ 福ふきん


おかめが豆を投げつけ鬼を撃退したという故事からはじまったとされる、豆まき行事の絵柄をあしらった蚊帳ふきん。
「拭く」と「福」をかけ、紙帯を切り取っておかめのお面として使えるようにデザインしました。
表柄、裏晒の蚊帳生地を5枚重ねで縫い合わせた丈夫なふきんは、吸水性・速乾性に優れており、器や台ふきなどに最適です。
ちょっとしたご挨拶やお配りものに、季節毎の柄のふきんを贈ってみてはいかがでしょうか





■手ぬぐい 節分豆まき

福のシンボルである「おかめ」が病気や災厄の原因とされる鬼を退治している様子を描いた手拭いです。
おかめが手に持っているものは「柊鰯(ひいらぎいわし)」と呼ばれています。
鰯の頭のように臭いの強いもの、柊のように尖ったものは魔除けとなり、鬼の苦手なものだそうです。
注染(ちゅうせん)技法で染めた手拭いは裏表なく染め上がり、染色時にできる、ぼかしやにじみから一枚ずつ異なる風合いを味わえます。
また染料が布の繊維に染み込んでいる為、使うほどに柔らかく布が育っていくのも人気の理由。
顔や手の水気を拭うだけでなく、ほこり除けや額に入れてインテリアとして飾るなど、自由な発想でお使いいただけるのも手拭いの魅力のひとつです。






■品(SHINA)■

暮らしに馴染む和雑貨のお店です。
ギフトラッピングや全国配送なども承っております。
和ごごろをもったお品物と私達の笑顔で
皆様のお立ち寄りを心よりお待ち致しております。

お電話でのお問い合わせ等も承っております
お気軽にどうぞ。

タウンフロント 5 階 “品( SHINA )”
電話番号: 03‐6431‐0755
営業時間:10:00~21:00

品 instagram

2017/01/12 更新

【節分】親子で Let's豆まき

節分と言われてイメージするのは、豆まきですよね。

■豆まき■

「鬼は~外。福は~内」
と言いながら豆をまきます。

そして年の数+1(数え年)だけ豆を食べていました。



子供のころはとても楽しく豆をまいていましたよね。

では、なぜ豆まきをするのでしょうか?


その由来は、昔、京都にある鞍馬山から鬼が出てきて、都を荒らしていました。
そのときに鬼を追い払うのに炒った大豆を使ったことから豆をまくようになりました。


また、語呂合わせで「魔目=豆・まめ」「魔滅=豆・まめ」となっています。
「魔=鬼」として、豆を鬼の目に投げつけることや、鬼を追い払うことに通じているんですね。


このような理由から、新しい1年を無病息災で過ごせるようにと、豆をまくようになりました。



「これからの1年に、悪いことが起きないように願いをこめてぜひこの機会に豆まきをしてみてはどうですか?」



■品(SHINA)■

暮らしに馴染む和雑貨のお店です。
ギフトラッピングや全国配送なども承っております。
和ごごろをもったお品物と私達の笑顔で
皆様のお立ち寄りを心よりお待ち致しております。

お電話でのお問い合わせ等も承っております
お気軽にどうぞ。

タウンフロント 5 階 “品( SHINA )”
電話番号: 03‐6431‐0755
営業時間:10:00~21:00

品 instagram

2017/01/12 更新

【節分】

2月3日は節分ですね!節分と言えば”豆まき”ですよね。


鬼に向かって豆をまいたり、
「鬼は~外!福は~内!」
と言いながら豆をまくのは楽しいですよね。


節分とは、「季”節”を”分”ける」という意味があります。

言いかえると、季節の変わり目ということです。


季節を感じて、お子さんと豆まきもよし!

日本の行事を世代を超えて、こま回しなんかで楽しむのもいいかもしれません


鬼のお面は、鬼役を終えたら玄関にでも飾ると、風水的にもおすすめです!



■品(SHINA)■

暮らしに馴染む和雑貨のお店です。
ギフトラッピングや全国配送なども承っております。
和ごごろをもったお品物と私達の笑顔で
皆様のお立ち寄りを心よりお待ち致しております。

お電話でのお問い合わせ等も承っております
お気軽にどうぞ。

タウンフロント 5 階 “品( SHINA )”
電話番号: 03‐6431‐0755
営業時間:10:00~21:00